« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/22

星野ジャパン、敗退・・・

昼休み、青木の2点目のタイムリーを観た。上々の滑り出し、雰囲気も良いし何だか行けそうと思い昼食に出た。
昼休みが終わり、ドキドキしながらケータイで途中経過を見ると2-2の同点になっていた・・・
そして次に観たときには2-4、これだけでも絶望的なのにさらに2-6。終わった・・・

自分が観てないところで負けるなよ~!(涙)

しかも相手は韓国。イチローと松坂がいないとか、そんなの関係なしにプロリーグはまだまだ日本が上と言うところを見せ付けて欲しかったのに、完敗・・・

ショックでアタマがボ~ッとしちゃいました。でも、予選の体たらくを見るにつけ、とても金メダルを狙えるようなチーム状態じゃないことも分かっていたのよね。よっぽどピッチャーが良い投球をしなければ勝てないだろうと。

今回代表はちょいと打撃陣の人選が一部マズかったと思う。今年のペナントレースで好調な人間を選抜すればいいのに、それをやらないから。具体的には内川(横)、栗原(広)、福地(ヤ)辺りは観たかった。パリーグはまあ良い感じだとは思うけど川崎がねぇ・・・国際試合の経験も大事だけどケガ人連れてってる場合じゃないでしょ。

投手陣はまあまあの出来で、特に今年は疑問符のついていた成瀬などあれだけ投げれたのは大きかった。上原の出番はあまりなかったけど、接戦で出すことがあったらさすがに怖かったろうな。

もちろん日本代表には金メダルを期待してたんだけど・・・ 予選で思った以上に苦戦したねえ。陸上や水泳なら「予選は流してました」って言うのかもしれないけど、もうアップアップだったし。 やはり予選相応の結果と言うことか。銅メダルは全然興味ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/20

星野ジャパン、また負けました

う~ん、決勝トーナメント進出は当然であって、4勝3敗での予選リーグ4位って結果には到底ナットクできるモノではない。たとえ金メダル取っても予選リーグで3敗もしてるような国が堂々と金メダルチームと言えるのかどうか。決勝トーナメントで圧倒的強さを見せるのであればまだナットクできるんだけど、そんなのは期待できそうにない。

とにかく打てなさ過ぎ。何とかしてくれい!

ついでに今日カープは不調阪神相手に2連敗、さらに海の向こうでは松坂15勝目の影で黒田が9敗目・・・今日は厄日だねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/08/17

カープ、やっぱりまだ行けるよ!

●●●●●●●○●○○○●●○○○○●○○○●○
この星の並び。7連敗したときは終戦の雰囲気などと書いてしまったけど、恐れ入りました。

阪神・中日・巨人と上位3チームを叩く、破竹の快進撃で8/17現在49勝50敗。7連敗前の借金1まで盛り返してきた。

明後日からは絶不調の阪神相手に大竹・ルイスらの先発が予想され、最低でも勝ち越し(5割復帰)を狙える。

行ける!がんばれカープ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありえない・・・あってはいけない・・・韓国にまた負けてるし

そりゃあ勝負事だし、相手も必死なんで勝ったり負けたりするだろうさ。しかし勝敗表を眺めてみても、韓国にだけは負けちゃイケナイ。例え金メダル取ったとしてもWBC同様、韓国が「予選ではどうのこうの」とグジグジ言い出しそうな予感。しかも負け方がまたつまんないミスによる終盤の失点でこれがもう最悪。村田のマズい守備と阿部のお笑い送球。そりゃあないよ。

奇跡の同点劇へ望みをつないだ9回ウラ。まるで2戦目までの新井を見るような、GG佐藤のお粗末な三振。前の打席もヒドい三振をしていたけど、何の冗談?

里崎がDHという時点で、ホントにこのメンバーで良かったのか?と思ってしまう。DHなら内川@横浜や栗原@広島が遥かに上じゃないか。ケガ人の川崎を帯同させるのも意味不明。一次選抜などに拘ってる場合じゃないだろうに。

ともかく残り3試合、1敗もできなくなった・・・はぁ。

P.S.
まあカープが勝てばその日は満足なんだけど・・・今日はしっかり負けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/16

PQI USBメモリはファームアップして使うべし

blog080816 PQI USBメモリ「U339 Pro」は買ったばかりのデフォルトでは変なパーティションがある。これはPQIのサイトから入手できる「UrescueV1.0.0.21(1).exe」を使うことによってパーティションを1つにまとめることはできた

しかし、その後このUSBメモリをWindowsVistaのReadyboostで使用していると頻繁にドライブのウィンドウが立ち上がってしまう問題に悩まされてきた。閉じても閉じても立ち上がってくる。

なんぞこれ?と思いもう一度PQIのサイトをくまなくチェック。英語版にて「urescue」で検索をかけると「urescue v1024」というのが見つかった。

わらにもすがる思いでこれをダウンロード、実行してみたところ、firmwareをBS0665からBS0670にUpdateするかどうか訊いてきた!これまたわらにもすがる思いでファームをアップデート。見事問題が解決してしまいましたとさ。

しかしネットでいくら検索しても同じ症状で悩んでるような文章は見つけられず、ちょっとハズレ個体だったのかもしれない。まあなんにしても最新ファームウェアで問題解決したし、何かお悩みがあればとにかくやってみるもんだねと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/10

DVI・USB対応4台切替器を使ってみた

俗に言う(?)CPU切替器(KVMスイッチ)。1組のマウス・キーボードで4台のPCを動かす。パッと見た感じや機能的にはAVセレクタみたいなモンなんだけど、単純にスイッチングすれば良いというものでもなく、それなりに高価なものとなる。

機会があって以下の仕様を満たす切替器を比較評価してみたので無意味にメモを残しておく・・・

(1) 4台切替であること。
(2) DVI接続(最低でもUXGAまで対応)であること。
(3) マウス・キーボード共USB接続であること(PS/2も使えればなおヨシ)。

で、ネットで探してみたのがこの2機種。

エレコム株式会社 KVM-DVU4
ATENジャパン株式会社 CS1764(CS-1764)

KVM-DVU4_CS1764
2台切替なら他にもあったんだけど、4台切替となるとあまりないのが実情。そりゃそうだろうな。
しかし背面の写真を見るとソックリじゃないか。分解してないけどメイン基板は同じなんじゃないかね?
どちらも同じというコトになれば、付属品が充実しているCS1764に軍配が上がる。ちなみに仕様上の対応解像度はKVM-DVU4がUXGA、CS1764がWUXGAで、こちらに関してもCS1764が上。

で、評価項目と結果はこんな感じ。

No. 評価項目 KVM-DVU4 CS1764 備考
01 非アクティブの端末で起動可能か(エミュレーション確認) 両者ともNo.04の問題はあり
02 DVI未接続のPCに切替できるか VNCで確認したら800x600だった
03 画面解像度SXGAのPCからの出力がSXGAで出るか まあ当たり前だけど
04 非アクティブ端末を起動してもその端末の解像度が保持されるか × × Windows起動まで見届けないとXGAになってしまう
05 全PCがオフの状態から任意のPCを起動して、そのPCにスイッチが自動的に切り替わるか × × 切り替わるタイプもあったと思う
06 切替スイッチの感触 CS1764はLED発光部とボタンを間違えやすいかも
07 ホットキー操作性 任意端末への切替でテンキーはNG。
08 LED視認性 両者とも正面からならOK。KVM-DVU4はLEDがちょい暗め。
09 設置性 両者とも背面15cmくらいの余裕は必要
10 PS/2マウス・キーボード対応できるか × CS1764は変換アダプタ付属。KVM-DVU4もたぶんいけるとは思うが。
11 ファームアップデート機能 × CS1764にツールが付属しているが未検証。KVM-DVU4は説明書で使用せずとなっている。

実用上の大問題となるのがNo.04。裏起動したPCは解像度がXGA(1024x768)になってしまうという仕様で、LCD(液晶ディスプレイ)がXGAでないなら、解像度変更のために結局再起動する羽目になる。
今時の液晶解像度はSXGA(1280x1024)/UXGA(1600x1200)/WUXGA(1920x1200)辺りが普通なので、要するに切替器を使ってのPC裏起動は不可でWindowsが立ち上がるのを見届ける必要がある。

これは、切替器が各PCに対してXGAのEDID(ディスプレイ情報)を送出しているからだと思うけど、LCDがUXGAなんだから、当然UXGAで起動して欲しい。
自分が使っている液晶に合わせたEDIDを送出する製品を実現しないうちは実用に耐えず、買った後に気付いてガッカリしてしまうと思う。
現時点でこの問題を解決する手立てをネットで調査したところ、基板上のEEPROM書き換えなどアクロバティックな解決法しか見つからなかった・・・

製品としての解決法としてはこんなのがある(はず)。

(1) LCDのEDIDを取得し各ポートから送出(これがベスト)
(2) 任意のEDIDを送出できるようにWindowsからドライバで制御
(3) ディップスイッチで決められる

んで、評価はしてないけど(1)に関してはラトックシステム株式会社のREX-230XDAという機種が実現してるみたい。うんうん、そうだよ。必須機能だよ。

世のスタンダードがDVIになった今、しばらく待てばいくらでも良いのが発売されそうな気がする。

(1) 4台切替で
(2) WUXGAまで対応のDVI接続で(HDMIはまだ早いか)
(3) マウス・キーボード共USB接続で(PS/2も使えればなおヨシ)
(4) 最適な画面解像度を自動的検出する

という切替器。それまで待てれば待った方が良さそう(確かに4台切替は需要が少ないけど)。

事情があって待てないMt.EastはCS1764を使うつもりなのだ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/09

アキバツアーズ08/08/07 - UDXでお祭り

blog080808-1 当日アキバに誘われるいつものパターン。ヒマ人なのでいつでもアキバに行けるMt.Eastなのでした。

飲み会まで時間が空いたので1人フラフラとツクモeX.に行ってみたら・・・UDXの1Fスペースでちょっとしたイベントやってました。
ハワイアンなBGM演奏と賑わうビアガーデン。ちょっと蒸し暑いけど、外で飲むビールは良いよね~。ビールと焼きイカ(みたいな)の匂いとか、子供の頃に行った近所の商店街の縁日っぽい感じがしました。

お店はレストラン街のお店が屋台出してるのね~。ヨーヨー風船釣りとかもあったし。

blog080808-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/03

DiabloII久々にクリア

diabloII ネクロマンサーで1人旅プレイ。昔はもっと苦労してた覚えがあるんだけど、Nightmareモードまでは意外に難易度低かったなあ。

図はバールをやっつける直前。10秒に1回、ディクレピファイの呪いをかけてれば後は僕のゴーレムが囮、メイジスケルトンが毒弾発射、部下のヘザーさんが弓矢を撃ちまくって時間は掛かるけど勝てました。

この、戦いは部下に任せて自分はマジで何もしない感がネクロマンサーの真骨頂というか・・・ディアブロ戦とか古代人戦とかも、呪いをかけつつ逃げ回ってるだけでいつの間にかゴーレムが倒してくれるし(^^;)

スキルはリバイブ12体、メイジスケルトン3体なので、スケルトン3体も呼び出したりすると合計21人の大所帯での旅になってました。壮観!

Hellモードはとてもムリそう。今度はキャラ変えてやるかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/02

アキバツアーズ08/08/01- HDD衝動買い

しゃぶしゃぶでも食べようというハナシになりアキバへ。待ち合わせ前にツクモexで値段表とか眺めてたらHDDが安くなってるのにビックリ。500GBが6500円前後ってすごいよなあ。ちょっと前まで8000円切った~とか言ってた気もするけど。

しゃぶしゃぶはヨドバシ8Fの但馬屋で、ちょい高めの食い放題コースで最後は苦しくなるくらい国産牛と豚を食べまくったのでした。高めと言っても元々安いので5000円程度だし(^^;)

HDD 500GB(HITACHI Deskstar P7K500 HDP725050GLA360)6580円
眺めてたら欲しくなって買ってしまいました。去年買ったT7K500シリーズから、消費電力が低くなって静かになってるらしい。
ツクモexが一番安いかどうか分からんけど・・・まあ良いか。
SeagateのBarracudaならキャッシュが倍の32MBだったんだけど・・・まあ良いか。

衝動買いなんでどのPCに取り付ければ良いのやら分からん・・・まあ良いか。土日はシステム構築に勤しむとしよう。.

ちなみにデータシートの「How to Read the Deskstar Model Number」によると

HDP725050GLA360 = 500 GB,16 MB buffer
H = Hitachi
D = Deskstar
P = Series prefix
72 = 7200 RPM
50 = Full capacity — 500 GB
50 = Capacity this model, 50 =500 GB
(40 = 400 GB, 32 = 320 GB, 25 = 250 GB)
G = Generation code
L = 26.1mm z-height
A3 = Interface, SATA 3Gb/s (AT = PATA)
6 = 16 MB buffer (8 = 8 MB)
0 = Reserved

だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »