« アキバツアーズ18/02/10–MNPしてみた | トップページ | ソーラーパネルで車のバッテリー上がりを防ごう »

2018/04/08

バーミヤンのシュウマイ弁当と崎陽軒のシウマイ弁当

最近スマホアプリを統合したり無料Wi-Fiを整備したりと話題の多いすかいらーくグループですが。
既存店売上高は減らすも、デリバリーとテイクアウトの売上高は前年比10%増超えで頑張ってるらしいです。

というワケで最近アツいすかいらーくグループのテイクアウトメニューを確認してたら、バーミヤンで気になるモノを発見。
早速、隣駅のバーミヤンに発注。30分後に自転車で取りに行きました。


blog180408-1

「バーミヤンのシュウマイ弁当」。
税込755円(2018/04/07現在)。

開けてみましょう。


blog180408-2

「シュウマイ」は6個。
「俵型ご飯」が8個。カリカリ梅を刻んだのが、まぶしてあります。
「枝豆」3つ。
「サバのからあげ」1個。
「鶏のからあげ1個。
「煮玉子」半個。
「ザーサイ」。
醤油とカラシは付属。

200円ほど追加するとご飯をチャーハンにグレードアップ可能。

こんなの見たら、当然思い浮かべるのはアレです。

2017年5月に新幹線で食べた崎陽軒のシウマイ弁当(税込830円)の写真を見てみましょう。
各名称は公式サイトの記述のままです。


blog180408-3

「昔ながらのシウマイ」は5個。
「俵型ご飯」が8個。「黒胡麻」をまぶし、「小梅」が日の丸式に置かれてます。
「玉子焼き」1個。
「かまぼこ」1切れ。
「鮪の照り焼」1個。
「鶏唐揚げ」1個。
「筍煮」。
「切り昆布」と「千切り生姜」。
「あんず」1個。
醤油とカラシは付属。

伝統の一品。新幹線のお弁当と言えばこれというヒトも多いのでは。

崎陽軒の方がバーミヤンより75円ほど高いですが、具材は多め。

少し比較していきます。


バーミヤン「シュウウマイ」vs崎陽軒「昔ながらのシウマイ」
これは圧倒的に崎陽軒に軍配が上がります。
崎陽軒のシウマイは豚肉と干帆立貝柱の伝統の味。
まあ、バーミヤンの「シュウマイ」も素朴な味と言うか、クセのない味には仕上がってます。
また、個数はバーミヤンの方が1個多い。


バーミヤン「鶏のからあげ&サバのからあげ」vs崎陽軒「鳥唐揚げ&鮪の照り焼」
バーミヤンは受注生産、つまり出来立てが食べられます。
となるとやはり揚げ物は出来立ての方が圧倒的に美味いのです。
出来立てと作り置きを同列に評価するのはフェアじゃない。
そーなんですが。
実際問題のユーザーエクスペリエンスというのを考えるとね・・・
そういうイミでは崎陽軒の「新幹線で食べると旅の楽しさで美味さ倍増」ってのもアリか。


バーミヤン「煮玉子」vs崎陽軒「玉子焼き」
好みの問題ですが、まーワタシはトロリとした煮玉子が好きですね。
ラーメンの具やおつまみメニューとして煮玉子を扱っているバーミヤンの強み。


「俵型ご飯」
崎陽軒の黒胡麻はありがたいです。
小梅に関しては、好きな時に少しずつ食べられるバーミヤン形式の方が好き。
種をプッと吐き出さなくても良いし(←これ、結構重要!)。


「その他」
バーミヤンの「枝豆」はビールのアテにする用か?
「ザーサイ」は中華らしくて良い。味付けも薄目で自己主張しすぎず箸休めにピッタリ。
崎陽軒は「筍煮」「切り昆布」「千切り生姜」「かまぼこ」「あんず」。
前三者は味付けが濃いので処理に困ることも。
ただ、種類が多いのは嬉しい。
特にデザートとしてのあんずはポイント高し。


以上、まーどちらが上と言うワケでもないですがバーミヤンの方は未体験の方が多いかと思いますので是非。

|

« アキバツアーズ18/02/10–MNPしてみた | トップページ | ソーラーパネルで車のバッテリー上がりを防ごう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75970/73263759

この記事へのトラックバック一覧です: バーミヤンのシュウマイ弁当と崎陽軒のシウマイ弁当:

« アキバツアーズ18/02/10–MNPしてみた | トップページ | ソーラーパネルで車のバッテリー上がりを防ごう »