« 2021年3月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年4月

2021/04/25

RYZEN 7 4750Gでaviutlのx264エンコード

 blog210425-1

RYZEN 7 4750Gです。

ちょっと奮発して44000円ほどでした。
アキバ行って買えばもうちょい安く手に入ったかもですが・・・

今まで使ってたCPUからどれだけパワーアップしたのか、とりあえずaviutlでx264エンコしてみて確かめてみました。

 

blog210425-2

で、比較対象となる「今まで使ってたCPU」。
6700ではなく、上限アンロックの6700Kです。
これを、上限4.4GHz(100MHz x44)まで、まあ控えめにオーバークロックしてます。

 

メモリも含めた比較表がこんな感じ。

パーツ 旧PC 新PC
CPU Intel Core-i7 6700K(4.4GHz) AMD RYZEN 7 4750G(4.4GHz)
チップセット
M/B
Z170
ASRock Z170M Pro4S
A520
ASRock A520M-HDV
MEM PC4-21300(DDR4-2666MHz)
8GB x2
PC4-25600(DDR4-3200MHz)
8GB x2

aviutlは同じHDDから起動してます。
WesternDigital WD Green WD30EZRX-1TBP

ストレージ速度はエンコ速度に大して影響及ぼさないので・・・

 

aviutlのx264エンコですが。

両方のCPUで同じエンコードを行いました。

57分52秒の1440x1080動画をフルHD(1980x1080)に2Passエンコします。
プリセットは「高画質」です。

動画エンコード後、NeroAacEnc で音声エンコードしてMUXします。
が、この作業は全体に比べたらごくわずかですね。

で、結果はこうでした。

  Core-i7 6700K RYZEN 7 4750G
1Pass 1時間11分7.8秒 0時間50分47.0秒
2Pass 2時間47分4.5秒 1時間23分3.4秒
音声 + MUX作業 152.6秒 147.9秒
総エンコード時間 4時間 0分44.9秒 2時間16分18.3秒

時間の掛かる2Pass目が約半分の時間でエンコード完了しています。

よって総時間もかなり短縮してますね。

 

グラフにするとこんな感じ。

[aviutl x264 1920x1080 2Pass Encode]RYZEN 7 4750G

blog210425-3

一目瞭然でパワーアップが分かります。

 

 

参考までに動画の長さを30分ちょうどに区切ってエンコし直してみました。

1Pass時のタスクマネージャー。

blog210425-4

CPU使用率40%程度かな。

 

次、2Pass時のタスクマネージャー。

blog210425-6

CPU使用率が100%付近に張り付いています。

CPU使用率が定期的に落ち込む時間帯もあったんですが何だったのか不明・・・

 

1Pass時のCoreTemp。

blog210425-6

室温24.5度に対してCPU温度59度。

CPU周波数はCPU定格の4.4GHzに近い(99.82 x 43.5)。

2つほど29.0倍になったり 43.75倍になったりを行ったり来たり。

 

次、2Pass時のCoreTemp。

blog210425-7

室温24.5度に対してCPU温度87度。

4.2GHz程度でしか動いてないなあ。

x264エンコのクセなのか、それとも温度が90度近くまで上がってるせい?

ちょっと冷却見直すかな。

 

こちらはCPU温度変化。室温は24.5度くらい。

blog210425-8

2Pass開始の1653秒辺りでやはり急激に熱くなってます。

| | コメント (0)

2021/04/17

PC新調しました(RYZEN 7 PRO 4750G)

4台管理している中で一番古いPC、2011年に組んだCore-i7 2600KマシンにはWindows10 Homeが入ってたんですが。
自動的に最新のWindows10に更新されたらブルースクリーン連発するようになっちゃいました。

調べてみたらもうSandybridge世代のCPUってWindows10でサポートされなくなってるのね。
勝手に更新するクセにこういうのって困るなあ。

まあ、今使ってるCore-i7 6700Kマシンもそろそろ新調したくなってたので新しくPC組みます。

今回の買い物ポイントは・・・

  • CPUは14年ぶりのAMD。ゲームやらないからグラフィックは内蔵型にする。
  • M/Bは拡張しないので安いヤツで十分。
  • メモリは・・・う~ん、また16GBでいいんじゃないかな・・・
  • ブートストレージは現状と同じくNVMe SSDで。
  • CPU冷却は過去2台のPC同様、簡易水冷で。

今回はアキバには行かずにネットで済ませてしまいました。

コロナなければ行ってたと思うんだけどね・・・

ツクモ、ソフマップ、アーク、ドスパラ・・・などなどネットを探索。
CPUは売ってるけど欲しいM/Bが結構売り切れてました。
何か、グラボに限らず全体的に品薄傾向な気が・・・

結局、CPUとM/Bの良い感じのセットがあったツクモで買うことに。

パーツ メーカー 商品名 型番 値段
CPU AMD Ryzen 7 PRO 4750G MPK 100-100000145MPK 43,978円
M/B ASRock A520M-HDV   6,502円
MEM Corsair VENGEANCE LPX 16GB CMK16GX4M2B3200C16 10,430円
SSD Western Digital WD Black SN750 NVMe WDS500G3XHC 11,569円
水冷 ENERMAX LIQMAX III ELC-LMT120-HF 6,220円

支払金額:78,699円(税込)

どういうワケか、カード決済で弾かれました。
ブラウザ3種類でやってダメ。
仕方なくカード会社に問合せしてみましたが特に弾いた形跡がないとのこと。
試しにスマホでカード決済したら通りました・・・何だったの?

CPU
AMD Ryzen 7 PRO 4750G MPK[100-100000145MPK]
43,978円

blog210417-1

グラフィック内蔵型のRYZEN 4000Gシリーズはバルク販売のみなのでパッケージでは売ってません。
だから価格コムとか見ても一覧に出てこないという。
買うにはマザーボードとセットにするしかないですが、まあ問題ないでしょう。

CPU選定に当たり、ライバルとなったのはIntelだとCore-i7 10700K辺り。

同シリーズならRyzen 5 PRO 4650G辺りで、それにすれば14000円ほど安く買えますね。
まあ今回は奮発して4750Gにしました。

グラボを別にするならRYZEN 3700X・5600X・5800X辺りが妥当かな。

A520マザーボード
ASRock A520M-HDV
6,502円    

blog210417-2blog210417-3

RYZEN 7 4750Gに対応するチップセットはX570、B550、A520と3グレードあるようですが。

まあ拡張する予定もないしCPU換装とかもしないだろうから一番安いグレードのA520マザーを選択。

B550は各メーカーから色々出てて充実していますがA520マザーは限られてきます。

ASUS・ASRock・BIOSTAR辺りか。

ソフマップはA520マザーは売ってもいなかったです。

CPUとのセット料金で比較、ドスパラが安かったですが売り切れ!

というワケでツクモで買い揃えることにしました。

それにしても6500円って…こんな安いマザーあるのか。

blog210417-4

基板レイアウトを見てもメモリスロットが2本だけだったり全体的に殺風景な感じです。

持った感じも軽かったです。層数少ないのかもね。

メモリPC4-25600(DDR4-3200MHz)8GB x2
Corsair CMK16GX4M2B3200C16
10,430円

blog210417-5

32GBにしようか迷いましたが。まあ16GBで良いか・・・

過去2回と同様のコルセアVENGEANCEシリーズ。

実はツクモではVENGEANCEシリーズ上位グレードのPC4-28800(DDR4-3600)メモリのほうが1000円くらい安く売ってるんですが・・・

売り切れ!

blog210417-6

やっぱりヒートスプレッダ付いてるヤツが良いなと。

コルセアのVENGEANCEブランドメモリは3回目。

購入日 型番 容量 仕様 値段 同時購入CPU
2012/08/11 CMZ16GX3M2A1600C10 8GB x2 PC3-12800(DDR3-1600) 9180円 Intel Core-i7 3770K
2016/10/29 CMK16GX4M2A2666C16 8GB x2 PC4-21300(DDR4-2666) 10300円 Intel Core-i7 6700K
2021/04/11 CMK16GX4M2B3200C16 8GB x2 PC4-25600(DDR4-3200) 10430円 AMD Ryzen 7 PRO 4750G

こうやってみると9年前からあんまり代わり映えしないのよね・・・

メモリ仕様は代替わりしてるとは言え・・・

NVMe M.2 2280 500GB SSD
Western Digital WD Black SN750 NVMe WDS500G3XHC
11,569円    

blog210417-7

NVMe接続のSSDは同じWestern DigitalのWD_Blueシリーズが一番売れ筋ですが。
もうちょっと頑張って上位グレードのWD_Blackシリーズにしてみました。
一応、ヒートスプレッダ付きの方を買いましたよ。

blog210417-8

さすがにズッシリと重い。

AMDと言えばPCI-Express Gen4にいち早く対応したのですが。
今回買ったRYZEN 7 4750GだとGen3までの対応なのでGen3のSSDです。

5年前に買ったPLEXTOR PX-256M8PeG-08もGen3ですが。
同じ規格だから大してパワーアップしてないかな?

    

CPUクーラー水冷キット
ENERMAX LIQMAX III ELC-LMT120-HF
6,220円

blog210417-9

5年前に買った水冷ユニットもENERMAX ELC-LT120X-HPというヤツでした。

ラジエータはファン1個分サイズのヤツにしないとケースに収まらない・・・

ツクモでは安い順に2つが売り切れ。というワケで売ってる中で一番安いこれ。

blog210417-10

過去買った2つの水冷ユニットに比べてラジエータが薄いなあ・・・

冷却性能そんなに期待できないかもね・・・

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年11月 »