« 2021年11月 | トップページ | 2022年6月 »

2021年12月

2021/12/18

USJ旅行記~スーパー・ニンテンドー・ワールドその2 マリオカート~クッパの挑戦状~

blog211218-1

前回はUSJ日記になっていたのでその中から「マリオカート~クッパの挑戦状~」を取り上げようかと。

参考:【Mt.Eastツレヅレ独り言】
USJ旅行記~スーパー・ニンテンドー・ワールドその1
http://mteast.cocolog-nifty.com/blog/2021/12/post-a53d5d.html

 

blog211218-2

スーパー・ニンテンドー・ワールドの入り口はピーチ城でしたが。
アトラクションはクッパ城の中です。

 

blog211218-3

入り口から続く階段を上ると巨大なクッパ像が。
大迫力です。

アトラクションへの期待が膨らみます。

 

blog211218-4

順路はこんな感じ。

朝イチ(開門15分前)で来てるので人もまばらですが、すぐに満員になるかと。

壁のタペストリーもマリオカート8のコースをモチーフにしていて楽しめます。

(注)
ここから後の写真は必ずしも順路で見かける順番になっていません、あしからず。

 

blog211218-5

マリオカート8に出てくるMKTVの中継車を実物で再現。

ゲーム内ではサンシャイン空港とかでじっくり見ることができますね。

 

blog211218-6

ゲームのルール説明。

「めざせコイン100枚」と書かれていますがワタシは初プレイで150枚を超えました。

マリオカートなんてやったことがない、70歳を過ぎた私の母も120くらい叩き出していたので100というスコアは結構楽勝かと。

  

blog211218-7

マリオカート8に登場する各種トロフィーが実物になって置かれています。

ゲームの3Dモデルも美しいですが、やはり実物は迫力がある!

 

blog211218-8

こちらも、ゲーム内で選択可能なタイヤの1つ「サイバースリック」が実物大に。

意外に大きいな。

 

blog211218-9

かなり長い距離を歩きますが、飽きさせません。

クッパ城内の研究所みたいなトコロ?

 

乗り場近くになると、バイザーを渡されてかぶります。

そして、いよいよ搭乗・・・!

 

blog211218-10

カートは4人乗り。

乗ってから、カートに置いてあるARゴーグルをバイザーに装着します。マグネット式だったかと。

実際の景色が透過して見え、そこにおなじみのキャラクターたちが映し出される仕組みです。

カート自体はゆっくりと決まったコースを進むだけで、アップダウンもないのでジェットコースターのような感じではないです。
ハンドルが付いていますが、これは左右に曲がる際に矢印が表示されるのでその方向にハンドルを切れば得点が入るというものです。

ハテナブロックを通過
>甲羅を大量にゲット(15個とか)
>視線で狙いを定めてクッパチームのカートに甲羅を発射!

ってな感じです。

カート自体はゆっくり進むのですが、ARで映し出される映像にスピード感があって、レーススタート時や終盤の「シリーズお決まりのあの最終コース」への突入の演出は迫力があります。

ゲームに夢中で周りの景色などを楽しむことができないのが心残り。
複数回乗る余裕があれば、一度ゲームのスコアを棄てて景色を見ることに全集中してみるのもいいかもしれません。

マリオカートをアトラクションにするって、なかなか難しいと思います。

ジェットコースターにしてゲームのようなスピード感を再現しても、楽しめる層が限られてしまうし。

ある程度のユーザー操作を入れてゲームっぽくするというアイデアにしても、上級者と初心者で差がつくようなゲーム性でも困る。

ジェットコースターとか実際のカートの運転とかを求める人には物足りなく感じるかもしれませんが。
幅広い層で楽しめるゲーム性。
マリオカートの各種コースを再現した内装。
よくぞここまでバランス良く再現してくれたという感じです。

 

blog211218-11

アトラクションが終わった後もクッパ城の中を進みます。

分かれ道の先は出口と「チャイルドスイッチ」の待機所。

アトラクションに乗れないくらい小さな子を持つ両親が1回の待ち時間で2人乗れるような仕組みです。

他にも「シングルライダー」という素晴らしい仕組みもあります。
お一人様専用の待ち列に並ぶことで、各段に早くアトラクションに乗れます。

 

さてさて。

スーパー・ニンテンドー・ワールドは入場するのに整理券を取る必要があるのです。

夕方、スーパー・ニンテンドー・ワールドに2回目の入場。

 

blog211218-12

これは前回のブログにも載せた写真。

5000人の人数制限をする中でも50分の待ち時間。

シングルライダーでササッと2回目乗ってしまいました。

10分待ちと表示されていますが実際は乗り場までノンストップで行けました。

仲間内で来ていても、シングルライダーを選択する若者もいます。

隣同士で座ることにこだわらないならシングルライダーの方が良いですね。

 

blog211218-13

入場時に「パワーアップバンド」を購入してエリア内にある体験型のアクションゲームをクリアしていくことで遊べるようになるクッパJr.とのバトルゲーム。

「とりかえせゴールデンキノコ!クッパJr.ファイナルバトル」。

この順路でも楽しませてくれます。

 

blog211218-14

自分の姿が影で投影される中、キノコで大きくなったり敵に触れると小さくなったり。

ジャンプパンチで敵を吹き飛ばしたりできます。

クッパJr.にダメージを与えれば見事クリアとなります。

 

blog211218-15

素晴らしかったぞ!

また来る日まで~。

|

2021/12/12

USJ旅行記~スーパー・ニンテンドー・ワールドその1

夏休みにUSJ行ったことを今さらブログに残しておこうと思いまして。

 

blog211212-1

やっぱり、これだよね!

スーパー・ニンテンドー・ワールド!

 

blog211212-2

入場制限5000人という狭き門でしたが3か月前に親戚がJTBに手配してくれました。

親戚で集まって泊まったのが「ホテル京阪 ユニバーサル・タワー」。

こういうホテルの宿泊とセットじゃないとなかなかチケットは取りにくい感じ。

ディズニーランドも休日の1日パスなんてほぼ入手不可能だったし、どこも一緒ね。

また、スーパー・ニンテンドー・ワールドへの入場にはエリア入場券が必要ですが(ここらへんが分かりづらい)ホテル宿泊だとそれも付いてくるみたいです。

参考までに。
10人、3部屋で1泊素泊まり17万円ほどでした。
さらにUSJのチケット10人分(子供含む)が5万円ほど。
まー支払いは私ではないですけどね(^^;)。

 

blog211212-3

ホテルの前はUSJのお土産屋さん。

ここで前もってお土産を買っておけば、USJで買い物に時間を取られることもありません。

 

さて、ホテルで1泊したら朝早くにチェックアウトです。

 

blog211212-4

ホテル宿泊客は開園15分前に入場できる特典付き。

これはディズニーランドや富士急ハイランドなど、よくあるやつです。

門の向こうに入場待ちの大行列が見える中、ほぼ無人の園内を進みます。

目指すは当然、スーパー・ニンテンドー・ワールド。

 

blog211212-5

「ユニバーサル・ワンダーランド」エリアのスタッフさんたちも手を振って迎えてくれます。

セサミストリート、スヌーピー、サンリオ系のキャラゾーンです。

 

blog211212-6

記念写真の撮影スポット。

今どきの若いモンはジョーズシリーズなんて知らんだろ~。

でもサメ映画って根強い人気があって沢山作られてるみたいね。 

 

blog211212-7

お、いよいよ「スーパー・ニンテンドー・ワールド」エリアの入り口だよ~。

 

blog211212-8

土管をくぐり、ピーチ城を抜けるとまさに夢の国です。

乗り物アトラクションは

【マリオカート~クッパの挑戦状~】  
【ヨッシー・アドベンチャー】

の2つです。

当然、クッパ城のマリオカートへと向かいますが・・・

長くなったので別の機会にでも(^^;)

参考:【Mt.Eastツレヅレ独り言】
USJ旅行記~スーパー・ニンテンドー・ワールドその2 マリオカート~クッパの挑戦状~
http://mteast.cocolog-nifty.com/blog/2021/12/post-b9ec69.html

 

子供たちは「パワーアップバンド」を腕にはめて色々なミニゲームにチャレンジしたりして楽しんでました。

とは言え、ワタシは16年ぶりのUSJ。

スーパー・ニンテンドー・ワールドも大事ですがその他のエリアも堪能したい!

というワケで昼食後は一人で行動することにしましたよ。

ほとんどのアトラクションに「シングルライダー」という、お一人様専用の列が用意されていました。
これに並べばすぐに乗れる!
(一人でUSJを回る人間なんてレアですから)

この素晴らしい仕組みのおかげで、1日で主だったものは大体回れます。
人数制限してたしね。

 

blog211212-9

やはりこれ。【アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド】

16年前はまだ1年しか経っていない最新アトラクションでした。

ライドに乗りながら、映画に登場した敵が次々に襲い掛かる!

クルマのボンネットにスパイダーマンが飛び降りてきた時の衝撃、炎の攻撃をかわした時の熱さ。

スリル満点の展開。16年前より画質が良くなってパワーアップを果たしていました。

 

blog211212-10

ターミネーター2に出てくるサイバーダイン社。

これ、かなり楽しいらしい。

 

blog211212-11

しかし!

残念ながらコロナの影響で休止中・・・

次行くときは是非入りたい!

 

16年前にあったバック・トゥ・ザ・フューチャー、E.T.などは終了していました。

バックドラフトのように休止中のアトラクションも多かったです。

 

他にも色々回りました。

【ジュラシック・パーク・ザ・ライド】
これは16年前と変わってないかな。
前半はディズニーランドでいうところのジャングルクルーズ的な内容。
もちろん出てくるのは恐竜です。
そして最後はスプラッシュマウンテン、よりももっと高いところから急降下、びしょ濡れ!

【ジョーズ】
これも16年前と同じかな。
ジョーズが襲ってきて、案内役のお姉さんが一生懸命ライフルで応戦するんですが。
乗客はみんな冷静でシーン・・・
20年前に閉鎖した本場(ユニバーサル・スタジオ・フロリダ)のジョーズの様子をYouTubeで観ましたが。
「サメだー!」「早く!撃て!撃て!」とお客さんもノリノリです。
こういうノリって日本人にはムリなんだよな(^^;)

【ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド】
16年前には無かった、ジェットコースター。
全ての座席にスピーカーが付いていて、BGMを選択できます。
名探偵コナンを選択したら、寸劇が始まりました。
赤井秀一の荒っぽい運転とコースターの動きがシンクロして楽しめました。
ジェットコースターとしては最初の急降下が一番怖いけど後は楽しい感じ。

【ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター】
これ!最高の体験でした。
スパイダーマンが最高のアトラクションだろうと思っていたのですが。
さらにその上を行くアトラクションでした。
本当に楽しくて2回乗ってしまいました。
辿り着くまでに完璧に再現されたホグズミード村とホグワーツ城を堪能できます。
ハリポタ好きなら絶対行くべき場所ですね。

 

さて、朝イチで入ったスーパー・ニンテンドー・ワールドの整理券を取って夕方に再度入場しました。

 

blog211212-12

先ほどの朝の様子と似てますが、当たり前ながら今度は人が多い!

よく見ると工事のクレーンがなくなってる??

 

blog211212-13

シングルライダーなら待ち時間10分。
って言うか、乗り場までノンストップでした。
順路が長いから10分近くかかります。

 

blog211212-14

今回はバック・トゥ・ザ・フューチャーのTシャツを着てUSJを回ったんですが。

行く先々でスタッフの方が「お、そのTシャツ良いですね~。」と声をかけてくれました。
見回りのお兄さん、レストランのお姉さん、各種乗り場のスタッフさんも。

「復活希望してますから!」と言えば、「上層部に伝えておきます!」って返してくれる(^^;)

こうやって着用している服に反応してもらうホスピタリティがうれしい。

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドのお姉さん、ジェットコースターの乗り場ってやることがあって忙しいのにやっぱり声かけてくれましたね。

お姉さん「あ、そのTシャツいいですね~!」

Mt.East「そうでしょ~。いいでしょ~!」

お姉さん「カワイイ~」

・・・カワイイか?

 

blog211212-15

楽しかった!

2024年にはスーパー・ニンテンドー・ワールドにドンキーコングのエリアが追加されるそうだし(ゼルダじゃないのね)。

また行きたいなあ~。

|

2021/12/01

宮島旅行記~水族館寄ってから帰る(2021/11/01)

あっという間に2泊3日の旅行も最終日。

昨日は山登りしたので今日は水族館に寄ってから。

岩国飛行場を14:50発の飛行機で羽田に帰ります。

 

blog211201-1

宮島水族館「みやじマリン」。

牡蠣の養殖の様子を横から観察できるようになってます。

エイやカブトガニがいて、これが瀬戸内海の生態系なんですね。

 

blog211201-2

最後に焼き牡蠣をもう一度。

「タイムセール」で3粒500円でした。

注文してから焼くのでちょい待ちます。

身はプリップリ。焼き牡蠣と言っても半分以上、生なので中身はトロリとしててメチャ美味い!

味噌とかいろいろな味で売られていますがやはりバター醤油とかポン酢が良いです。

 

blog211201-3

あと、最後に揚げもみじも。

揚げると外がサクサクで中がフワッとしてて美味い!

揚げたてアツアツなので竹串に刺して食べます。

 

blog211201-4

揚げもみじ買った「紅葉堂」の奥には何やら怪しげな社が・・・

宮島竹串回収の守、平のあげもみ公って。

ちなみに厳島神社を今の形にしたのが安芸守だった平清盛だとか。

 

blog211201-5

さらば宮島。

楽しかったぜ!

次回来るのは何年後かなあ。

 

blog211201-6

岩国駅まで来たのでバス待ちの間に腹ごしらえ。

宮島のパン屋さん「島旨PAN」で買った「宮島コーヒークリームパン」。 ​

 

岩国飛行場は戦闘機F-35が轟音を立てて飛んでいました。

飛行機が離陸するときに垂直着陸してました。練習なのかな。

 

blog211201-7

そんなワケで羽田空港へ到着。

もう一息、家まで首都高バトルだ!

 

blog211201-8

羽田空港の駐車料金は2泊でこんな値段。

そこそこ荷物が重いから電車の移動はしんどいし。

新宿バスタからリムジンバスで1250円、往復で2500円ということを考えると車を停めておくのはアリですね。

|

« 2021年11月 | トップページ | 2022年6月 »