カテゴリー「アニメ・コミック」の記事

2015/03/12

「ジョジョの奇妙な冒険」と荒木飛呂彦(その5)

何かこの題名で1年に1回ずつ書いてる気がするなあ。
まあまた取り留めもなく思い出書きます。

2部があのような形で終わり、3部はどんな内容になるのかと思いきや・・・

ディオの復活・・・え?
あの特製棺桶ってエリナが赤ん坊抱いてたアレとは別物?
ってか、ジョナサン・・・犬死にかよ・・・

そして・・・スタンドだってぇ?

ワケ分からん!
ワケ分からんが・・・マンガとしては面白いです。

実際これ以降のジョジョはスタンドばっかりで波紋も石仮面も関係ない。
敵キャラごとにあれだけ能力が違うと、マンネリも防げるし。
もう何でもアリのバトルで、上手いことやったなぁと思います。

そんな3部の中で一番好きなシーンはと言えばダービー(兄)編。
酒(フォアロゼっぽい)をなみなみと注ぎ、表面張力で今にも溢れそうなコップ。
2人で交互にコインを入れていき、溢れたら負けというゲーム。
賭けているのは魂。
この命のやり取りで、こともあろうか主人公側のジョセフがイカサマをするシーン。
息を止めて少年ジャンプのページをめくってたのを思い出します。

ちょうど、今週の金曜放送予定のジョジョがこの回なので楽しみ!

ちなみに1994年制作のOVA版もよくできていて、ダービー役を今は亡き内海賢二。
ドクタースランプの博士でお馴染みのあの声がもうハマリ役。

OVAと言えば鈴置洋孝(ガンダムのブライトなど)の花京院と小林清志(ルパン三世の次元など)のアブドゥルもイメージピッタリ!
森功至ポルナレフと若本規夫ホル・ホースの対峙シーンなんか、銀英伝ファンは胸アツでっせ!

おっと話が逸れすぎた・・・

そうそう、一番好きなシーンに対して一番笑ったシーン、これはダービー(弟)編。

「花京院きさまこのゲームやり込んでいるなッ!」

サイコーです。

ちょっと前のジャンプ最終ページの作者近況でF-ZEROにハマってるって話が上がってたのは見てたけどまさか出してくるとは。
作品内で花京院が行なってた、スタート時のブースト連打テクは当時のファミマガにも載っていたと記憶しているけど、手元に資料がなく確認はできない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/06

「ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』」単行本買ったヨー

90年代から愛読しているアキバ情報サイト、「AKIBA PC Hotline!」。

AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/

主にPCパーツ情報系サイトなんだけど、最近は自作PCも昔ほど盛り上がらなくなってます・・・
実際、AKIBA PC Hotline!のCPU・メモリ・HDD価格情報も不定期になっちゃったし。

そんな中、2010年から連載が始まったマンガがこれ。

ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/column/chobi/index.html

アキバ通いが続くもPCパーツを買うコトは年に数回。
アキバの楽しみと言えば食い歩きと化したワタシにとって、もはやこのマンガこそがAKIBA PC Hotline!のメインコンテンツと言っても過言ではない(^^;)。

人物画はテキトーな感じだがとにかく料理の絵がハンパなく上手!
パッと見、写真みたいな絵で楽しませてくれます。

んで、このWebマンガが単行本になったというコトで。

blog141206-1

早速買ってきました。
すげー豪華な装丁です。

blog141206-2

単行本を記念しての書下ろし作品がトップ。
アキバのランドマークの1つ、肉の万世です。

上の階に行くほど強くなる(値段が上がるの意)スパルタンX方式を採用したビルヂングです。

その、最上階・・・
Webマンガでも2011年1月に取り上げられてますね。

blog141206-3

200グラムで22900円とか。
桁が1個違いますがな・・・

ほとんど、Webで読める内容ではありますが。
紙媒体で読むちょび姉もたまには良いもんですな。

ちなみに本持ってればオフィシャルサイトからPDF版がダウンロードできます。
そんなに解像度高くないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/21

「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」を観て

雑誌「まんがタイムきらら☆マギカ」で一番面白いのは通称アラサーマミさんこと「巴マミの平凡な日常」なのは間違いないとして。
次点はやっぱり「まどか☆えんがわ」だよねっ!

・・・と思ってるMt.Eastです。

ここら辺のマンガのせいで、マミさんのキャラは完全におっとり系というイメージが出来上がっちゃってるんで。
たまにTV版・劇場版のカッコ良いマミさんを観ると違和感を感じるようになってしまいました(^^;)。
ってか、マミさんって結構好戦的な性格だよね・・・
ほむらも苦手になるワケだわ(^^;)。

ネタバレ全開で行こうと思います。

映画を観たと言ってもBlu-rayで観たのは1か月以上も前ですが・・・

blog140521-1

去年、劇場で観たときは正直何が起きてるのかサッパリでした。
落ち着いて考えようにも、後半の怒涛の展開で考えるヒマもなかったという。
まあ、映画館を出てから「ああ、こういうコトかな」と理解してました。

一番の見どころはマミさんTUEEE!のシーンだった気がしないでもない・・・
後半のイヌカレーワールドとか抽象的表現に終始してるきらいがあったし。
マミさんが戦った理由が「べべをいじめんな」だったってのはチト弱い気もしますが・・・

それにしても、ほむらもマミさんも普通に銃器で相手の脳天狙いまくってるな(^^;)。
もちろん脳天を撃ち抜かれた程度で死んだりしないのだけど・・・

映画の内容自体はそれほど難しいワケではないのですが。
TV版最終回で、まどかが神となった新世界をあまり描かないままでしたんで・・・
理解不足のまま映画を観ることになってしまったヒトってワタシ以外にも多いと思います・・・

TV版の続きだと分かってれば、冒頭の全員集合の時点でおかしいと思わなくちゃいけないんでしょうけど。
全く普通に観てましたよ(^^;)。

TV版最終回の新世界では、ほむら以外の登場人物はまどかの存在を知らないままでしたが。
ソウルジェムが濁って(?)お迎えが来た(円環の理)さやかは、前世界でまどかと友人だったこともしっかり思い出してる様子。
そこんトコはちょっと都合が良すぎる気がしないでもない・・・

まどかの一部を切り取っただけで世界を再構築できちゃうってのもどうなのかな。
ああいう世界再構築ネタがOKならいくらでも話続けられるなぁ・・・

それにしても、ほむらのソウルジェムが濁り切っていた現実世界では地上が荒廃し切ってたけど、一体何があった?
(・・・と思ってちょっと調べてみたら、あれは外国のどこかで単にああいう場所なだけというドラマCD設定があるらしい)
マミさんや杏子が無事なのにほむらが脱落するってのも違和感があるし。
まどかに会えなくて絶望したとか??

ほむらが切り取ったのはまどかの人間としての記憶部分程度なので、ほむらによって作り出された第3の世界でも、相変わらず円環の理は存在するんでしょう。
記憶を失った魔法少女たちも(なぎさ含む)、円環の理に導かれればまた、まどかの存在してた第1の世界の記憶を取り戻してほむらと対決していくんでしょうな。

興行的には成功したみたいだから続編作ってるんじゃない~?
いつ発表になるか楽しみでんがな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/18

「ジョジョの奇妙な冒険」と荒木飛呂彦(その4)

その4とか書いちゃってますが、その3を書いたのが1年以上前でした・・・

最近ジョジョ第3部のアニメが始まったので思い出したようにジョジョについて書こうかなと思った次第。

blog140517-1

毎週金曜夜25:30から、TOKYO MXとBS11の両方でオンエアしてますので。
2画面出力で同時に楽しんじゃったり(^^;)。
BS11は1週間遅れですが、画質はBS11の方が良い。
でもBS11はウォーターマーク(画面右上のマーク)が大き目という罠。

さて、このブログではジャンプでジョジョが2部に入った辺りまで書いてたワケですが。
2部も十分に面白い出来でした。
主人公のジョセフはもちろん。
シュトロハイム、シーザー、リサリサと言った脇役勢が濃いぃ。
戦闘シーンもバラエティに富んで楽しい!

でも、やはり1部に思い入れがありすぎて。
1部は敵役のディオが魅力的過ぎた・・・
ディオの人生もしっかり描いてたし。
1部を初めて読んだ時に感じた衝撃とか斬新さって言うのは、「2部以降がある」と分かった状態で読んだのでは得られないでしょうな。

1部に比べると2部は戦闘がメインになっちゃってるんでね~。
ジャンプマンガにありがちなパワーインフレも。
1部であれだけ苦戦したディオと同等のはずの吸血鬼が雑魚化、というヤツです。
あとは、シーザーやリサリサが大して活躍しなかったのがチト残念。
柱の男たちって結局みんなジョセフが倒しちゃってるし・・・

まあ、メッシーナ師範代が生き残ったのが一番のサプライズだった気がしないでもない(^^;)。

最後にジョセフが生き残ったのはちょっとホッとさせられました。
もう敵はいなくなったのだから第3部はどうする気だろう?と思ってましたが・・・(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/04

マンガ「球場ラヴァーズ」読んだ(後編)

前回の続き・・・

マンガ「球場ラヴァーズ」読んだ(前編)
http://mteast.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-29d5.html

16歳だった実央も大学入学が決まり。
赤い帽子の人とは・・・読んでのお楽しみと言うことで。
まあ、第一章完結ということになりました。
なかなか泣かせるラストでしたね。

オタフクビールの売り子として首都圏の球場でバイトする実央のバイト仲間が第二章の主人公になります。

blog140204-1

新主人公の太田日南子。
ハイ、このマンガからさらに1年が経過して、22年優勝していないチームがカープです。
今年こそ23年ぶりの優勝じゃあ~!

blog140204-2

第一章の主人公、実央も登場しますね。
まあぶっちゃけ第一章に比べるとパワー不足感はありますが・・・(^^;)

blog140204-3

さておもむろに取り出しましたるこの雑誌。
去年のカープCS初出場を記念した特集号ですよ。

blog140204-4

作者の石田敦子さん、出てました。
長く連載して欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/03

マンガ「球場ラヴァーズ」読んだ(前編)

このマンガの存在を知ったのは2011/04/23の石井琢朗(2012年に引退)のブログでした。
以来、ず~っと気にはなってたんですが。
この正月にようやっと読む機会を得まして。
(買おうと思ったら弟が全部買ってたので送ってもらったわ・・・)

blog140203-1

最近首都圏でカープ女子が増えてるとかってNHKの特集番組でもこのマンガと共に紹介されていましたが。
このマンガの登場人物も東京を舞台にカープを応援するカープ女子です。

blog140203-2

主人公は16歳、名前は松田実央(まつだみお)。
どう見ても元ネタはマツダのデミオです、あざーす(何がや)。

ちょっとしたキッカケでイジメっ子女子からの陰湿なイジメの対象となってしまった彼女は暴力を振るわれ、カネを巻き上げられ、服をひん剥かれ。
親の財布からカネ持ってこられないなら援助交際でカネ作れと言われる始末。

「赤い帽子の人」に救われながらも財布を盗んでしまった後悔から、「赤い帽子の人」を探すため財布に入ってたチケットで野球場に入り込むトコロから物語はスタートします。
チケット使ったらその人、球場に入ってこられないんですが・・・
それすらもよく分かってない様子。

blog140203-3

たまたま球場で出会った女子2人組(20代と30代です)が親切と言う幸運。
赤い帽子の人を探すために球場に足を運ぶ実央に毎回、野球の魅力を語っていきます。
いつしか実央も熱狂的カープファンになっていきます。
野球のことを全く知らない女子高生が球場に通うようになるキッカケや動機など上手く設定できてるなぁ。

学校では執拗にイジメられ続ける実央も、年上のお友達とカープの応援を通じて生きがいを見つけ。
盗んだ財布を赤い帽子の人に返すという信念もあって、イジメに負けない精神力も身に着けていきます。

blog140203-4

実央だけでなく、他の登場人物にもそれぞれ人生模様があり、なかなか読み応えがあります。
まあ、全体的に女性視点だね。

blog140203-5

ファミレスでバイトを始める実央。
自分の救いになってくれた観戦仲間に、初のお給料で広島風お好み焼きをごちそうする健気さがイイネ!

blog140203-6

試合の描写ですが、実際の試合をモチーフに進められます。
この宮本2千本安打達成の神宮球場(2012/05/04)、ワタシも行きました。
マンガの通り、ものすごいドシャ降りで散々な試合でした・・・

blog140203-7

こちらの神宮球場ビール半額デーはワタシは珍しく会社を休んで行きましたよ(2013/07/12)。
自分の行った試合が描かれてるとちょい嬉しい(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/05

「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」観た

観たのは公開2日目ですが。

1週間以上経ってからブログアップです。

blog131105-1

2日目なので色紙もまだもらえました。
この絵柄は一番良いヤツ・・・な気がする(^^;)。

さて、以降はネタバレしないよう配慮しますが、TV版に関しては壮大にネタバレですので注意。

まあ、映画を観終わった瞬間は・・・

ポッカーン・・・ですよ。

え?何がどうなった?
あの新キャラ何なの?

みたいな。

んで、TV版、特に最終回の内容をよくよく思い出してみると・・・

  • 改変前の世界では、魔法少女のソウルジェムが濁り切ると、その少女は魔女になる。
    この事実が明らかになるのは後半になってからでしたね。
  • 改変後の世界では、魔法少女のソウルジェムが濁り切ると、お迎え(まどか)がやってきて消滅する。
    魔法少女が唯一まどかに会える瞬間というコトなのでしょう。
    ほむら以外の魔法少女にとっては、誰やねん?でしょうけど。
  • 改変後の世界では巴マミは死なず、美樹さやかは消滅。
    世界改変後、唐突にまどかに連れられて消滅してたので忘れやすい・・・
    ってか忘れてました(^^;)。
    円環の理という単語が出てきたのも唐突でしたが。

特に上記の3点目が意外に映画ではミソになったりしてるかも。

前半はみんなで楽しそうに魔法少女してましたね~。
TV版の続きをそのまま作ったりするとまどかとさやかの出番がなくなるので、ああいう内容にせざるを得なかったのかなあとか。

ち~が~うっ!
とかやってる時は「一体どうなっちゃうんだよこの映画・・・」
と不安になったりもしましたが途中からはちゃんとダークファンタジー色の強い展開になってました。

まあ、とにかく言いたいのは
マミさんTUEEEEE!ってコトかな~・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/04

アキバツアーズ13/08/31 - ジョジョ超像全展と3Dプリンタ

特に買い物はありませんが万世でガッツリ肉が食いたくなったのでアキバへ!

コトブキヤのジョジョ超像全展がラス前なので行ってきましたよ。

blog130904-1
トニオさん。手の上のパスタとスタンドの造形が細かいっ!

blog130904-2
恋に生きるキチガイ女の山岸由花子ちゃん。
後ろの黄色い箱は重ちーのハーヴェストのセットBOXです。

blog130904-3
5部ポルナレフ。作り込みが良いですな!

blog130904-4
重ちー。3D化するとキモさが際立ちます・・・

改めてこれだけ大量のキャラ、特にスタンドを見るとそのデザインの広範さに感嘆。

さて、コトブキヤを出た後はオリオスペックに3Dプリンタを見に行きます。

blog130904-5
3Dプリンタも個人が手が届く値段になってきたよね~。
10年前だと卓上NC旋盤を20万円とかで買うくらいしかできなかったのに。

残念ながら動いてるとこは見られませんでしたが。
3D出力されたモノを近くでよく見ると積層の段差がハッキリ分かります。
まあ、しゃあないか。

blog130904-6
こっちは2色積層対応のMakerBot Replicator 2X。
VLC Playerのアイコンを彷彿とさせるコーンができています。
こちらは324800円と、個人では手が出しづらいお値段。

blog130904-7
何故かこの店、化石いっぱい売ってました。
ちっこい三葉虫の化石なら500円で買えまっせ!
買わなかったけど・・・買っときゃ良かったかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/04

今日の夕飯は「ビグ・ザムとうふ」!

夕飯が豆腐と言うのもヘルシーな感じですが。

blog130704-1
相模屋のMA-08「ビグ・ザムとうふ」です。

blog130704-2
ただ食べるだけじゃつまらんというワケで、近所のスーパーで使えそうな食材を物色。
グリコ「PRETZ」は期間限定のココナッツ&レモン。
サラダ用のキューピー「ヤングコーン」。
予備の丸善「濃厚チーかま」。
あ、バナナチップスは好物なので普通に買っただけです(^^;)

blog130704-3
ちなみに豆腐の大きさはダノンビオのヨーグルトと同じくらいかな。
つまり、かなり大きいというコトですよ!

blog130704-4
TVアニメ「機動戦士ガンダム」第36話「恐怖!機動ビグ・ザム」の1シーン。
あっこらへんからメガ粒子砲が発射されるのね。

blog130704-5
こちらは劇場版アニメ「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」の1シーン。
圧倒的ですな~。
スレッガーさぁ~ん・・・

blog130704-6
アニメを参考にしてサクサク挿してみる・・・
どうかな?

blog130704-7
うむ、まあまあの仕上がり具合じゃないでしょうか。
ガルガンティアカフェで買ったランチョンマットのエイミーも喜んどるw

味はまあ、普通の豆腐でした。
アボカド風味と言いつつそれほどの味はしなかったです。

豆腐とヤングコーンは良いとして、PRETZはやっぱり合わないですね。
ココナッツレモンの良い香りも違和感に・・・
単体ではモチロン美味いのですが~(^^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013/07/03

アキバツアーズ13/06/30 - 翠星のガルガンティアカフェ(2回目)

最終日に2回目の訪問をしてきました。
この日はアニメの最終回の日というコトもあって、チェインバーが遊びに来てましたよ。

blog130703-1
「提言。最終回を必ず視聴されたし。」とかいうタスキ付けたチェインバーと写真!

blog130703-2
今回注文したのはエイミープリン。
マンゴープリンにエイミーのグライダー型のパイをあしらったデザートとのコト。
ストロベリーソースにミントのアクセントと、タピオカミルクがホッとします。

ドリンクはキャラクタードリンク「チェインバー」。
オレンジジュースとホワイトウォーターのノンアルコールソーダカクテルでした。

コースターはベローズにしましたよ~。
今回も100円でラミ加工です。

blog130703-3
店内の資料もイイネ!
船団の描き込みも美しかった!

blog130703-4
各キャラの設定画集も堪能。

blog130703-5
ヘルメット着けてチェインバー頭部に搭乗も可能。
ここまで気合いの入ったコラボカフェもすごいね。
このチェインバー、この後どうするんでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧